ラクトレ ~FXシストレから株主優待にIPOまで放置運用

らくらくトレード(RAKU-TORE) 放置でも稼げるようにMT4でのシステムトレードから、IPOや株主優待銘柄もコツコツ狙っていきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米雇用統計4月 21:30発表

米4月雇用統計、本日発表
発表時間は5月4日(金)21:30


米4月雇用統計の事前予想

失業率8.2%(前回8.2%)

非農業部門雇用者数+16.5万人(前回+12.0万人)



4月25日のFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明で、「2014年終盤まで超低金利を継続」との表現に変化はありませんでしたが、その後のバーナンキFRB議長の記者会見で、「追加緩和の可能性」についての言及がありました


このため米の雇用環境の改善が見られなければ、米景気の後退への不安感へとつながりやすい。それがQE3(米量的緩和第3弾)への期待感へと連鎖してもおかしくないことから、いつも以上に注目されています



このような状況で2日、前哨戦とされる米ADP雇用統計(民間)が発表されました


結果は+11.9万人と事前予想(+17万人)を大きく下回ったので、今回の米雇用統計に関する事前予想を引き下げる(下方修正する)動きも出始めています。


それで予想数値に幅が出来る格好となっていて、直前になってまた方向感の定まらない思惑が台頭してる



結果に沿って変動という単純な展開だけでなく、思惑の巻き戻しから結果とは逆方向へとすぐに反転といった複雑な動きまで想定しておく必要があります


さらに今週末には仏大統領選の決選投票とギリシャ総選挙も控えており、マーケットの目は分散しています


欧州のニュースを背景に時間差で変動する可能性まで想定しておかなければならないでしょう



結果次第では大きく値が動く可能性は依然として変わっていないので、かなり神経質な対応を求められる今回の米雇用統計となりそう




雇用統計とは?

米雇用統計では、失業率とNFP(非農業部門雇用者数nonfarmpayrolls)を中心として、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表されます


米雇用統計は為替取引で最も注目される経済指標です。
関連記事

| 為替ニュース | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ipofxkabu.com/tb.php/11-0eea023b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT