ラクトレ ~FXシストレから株主優待にIPOまで放置運用

らくらくトレード(RAKU-TORE) 放置でも稼げるようにMT4でのシステムトレードから、IPOや株主優待銘柄もコツコツ狙っていきます

≫ EDIT

現在ユーロ円爆上げちゅう



6/29

今12:20くらいですけど


為替相場を確認したら・・・ ビックリ




EUR/JPYが爆上げ中


それにつられてクロス円も上昇しております


CAD/JPY USD/JPY は反応していないようですが、何があったらこんなことになるのかと




こんな感じでユーロ圏の危機対応に進展が期待されたようです



「ユーロ圏首脳は、スペイン支援に関してESM融資返済の優先権を放棄すると報じられている。また、ファンロンパイEU大統領は、欧州統一銀行監督メカニズムに関する提案はまもなく出される見通しとし、それにはECBが関与し、施行されればESMが銀行に直接資本注入する可能性があると述べた。ユーロドルは1.24台半ばから1.25台に急伸。」


「欧州連合(EU)首脳会議は29日、ユーロ圏の銀行の監督制度を統一することで合意した。同制度には欧州中央銀行(ECB)が関与し、欧州安定メカニズム(ESM)が銀行に直接資本を注入することが可能になる。EUのファンロンパイ大統領が明らかにした。同制度は年内に設立する。政府と銀行の「悪循環」を断ち切ることが狙い。大統領によると、EUの財政ルールを順守している国が、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)とESMを活用して金融市場で国債を支援することも認められる。」



  
関連記事

| 為替ニュース | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米雇用統計予想外!?



先日のアメリカの雇用統計の結果ですが・・・



米4月非農業部門雇用者数が+11.5万人となり


事前の市場予想を大きく下回りました(事前予想は+16.5万人)



逆に失業率は8.1%と予想の8.2%よりも改善




今回の米雇用統計でのUSDJPYの動き



まず発表直後に大きく下がりました


これは米4月非農業部門雇用者数が+11.5万人と予想外だったため当然の結果だと思うのですが、この後にすぐ全戻しして、さらに上値を狙うかの動きを見せました


この動きは失業率が8.1%と予想より良かったからかな?


よくわからんが、とりあえず雇用統計のような大きな指標等の場合はよくあることですので、覚えておきましょう



今回の雇用統計のケースですと、1回下げてから戻したところで、戻り売りでエントリーできると良いですね


どこまで引きつけることができるかが問題ですけど



その後はダウの下落もあってリスク回避の動きでUSDJPYも大幅に下がったので、少々売り仕掛けが早くても+収支の利益確定ができたことでしょう


まあ後からならなんとでも言えますが、雇用統計のパターンの1つとして学習




シストレ犬は今のところ短期で売買する気はありませんが(投資資金に余裕もないですし)、いまのうちにチャートと向き合って感覚を養っておきたいと思います


今回はエントリーする気が無いからかもしれないですが、予想通りの動きをしてくれたので見ていて楽しかった


やっぱ金がかかってないからね(笑)






関連記事

| 為替ニュース | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた格下げ! スペイン大丈夫



またまた格下げ! スペイン大丈夫なの?



また格下げのニュースが入ってきましたね、今度はスペイン。この流れはまだまだ続きそうだけど、この先どうなることやら


ここからニュース


米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は26日、スペインの長期格付けを「A」から「BBB+」に引き下げた。

経済が縮小する中、同国政府が銀行セクターへの追加支援を余儀なくされるとの懸念を挙げている。S&Pは発表文で、短期格付けを「A-1」から「A-2」に下げたことも明らかにした。長期格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」とした。


失業率の上昇や景気縮小で、ラホイ首相による財政再建の実現を投資家は危ぶんでおり、同国の10年債利回りは今年、約70ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇した。銀行の不良債権は約20年ぶりの高水準にある。

S&Pは発表文で、スペイン財政の軌道は「マイナス成長を背景に悪化していく公算が大きい」と指摘。「スペイン政府が銀行セクターに追加の財務支援を行う必要が生じる可能性が高まっている。その結果、同国の一般政府純債務がさらに増加する危険性が増大している」と分析した。


今月に入ってからスペインの10年物国債利回りが6%台で取引されたのは7営業日を数え、ギリシャやアイルランド、ポルトガルが救済要請に踏み切った水準に達するとの懸念が強まっていた。

 
関連記事

| 為替ニュース | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |